クレカを活用しよう

キャッシング審査に通らない人

キャッシング審査に通りやすい人通らにくい人はどういったパターンが多いのでしょうか。どうやっても審査に通らない
というような人たちをみていくと、きまって複数社から借入があるパターンが多いです。3社以上からお金を借りて
いる人は審査が不利になるようです。それだけ返済能力がないとみなされるのでしょう。あとは同日に複数社に
融資の申し込みをするのは危険です。たくさんキャッシング申し込みして1社でも融資してくれるならそこで借りたいと普通は
思うんですが、どうやら同日に複数社というのは返済能力がないのではないかとみなされるようです。審査が落ちる
原因のひとつなので注意しましょう。あとは審査申し込みの記入ミスや記入もれ。これは確実に仮審査でだめになる
ので気を付けましょう。嘘は一切通用しません。個人の信用情報は調べればするわかることなのです。

誰かからお金を借りる事について

 

生きていると誰しもお金を貸してと頼まれたり、逆に誰かにお金を借りたことはありがちです。
お金を手軽に借りる場合には、親しい友達や家族などを頼ってみるのが一番手っ取り早い方法だと思います。
どこかへ出向いたりしなくても良いですが、ただお金をむやみに貸してほしいとねだったり、借りたお金をなかなか返さないと非常に厄介なトラブルになってしまったり、自分の人間関係に大きな悪影響が生まれてしまうことはありがちです。
誰かからお金を借りる事は断られる可能性も大きいですし、返済が滞ったりできなかった場合には自分の信頼を大きく下げてしまうことに繋がるので注意は必要です。
しかし、高額な利息を取られないことや、手続きをせずに済むことは大きなメリットです。

借金はガマンしないほうが良い

両親がお金に厳しい人だったときにはやはり借金をすることに抵抗感を持つ人が多いと言われています。
お金を借りること自体が悪いことだと教育されていると、やはりなるべくお金を使わないで生活をしようという
習慣が生まれるのは自然なことですし、このこと自体は別に責められることではありません。
むしろ、自分の収入の範囲内で生活をするという考え方もあるでしょう。

 

しかしながら、お金がないときにお金が使えないというのは、ものすごいストレスです。
精神的に抑圧されてしまうと「リバウンド」的にお金を使ってしまった経験をした人も多いでしょう。
やはり、お金を借りることをガマンするのは逆に使いすぎてしまう可能性が高まるので、ムリをせずにお金を借りた方が良いのです。

間接クレジット

間接クレジットの仕方は簡単です。
カードを経由してそのまま払えない物をそのまま払うという手段ではなく間接的に購入した方が良いのです。
理屈が単純という根拠によりはじめにある商品券の実例を使って示してみようと思います。

 

モデルとなる人物が有名なアクセサリーを買いたいとそれを見ています。

 

買いたい素晴らしいアクセサリーを取り扱っている店では購入したくてもクレジットカードで払う事ができないのです。
けれどもAmerican Express、Diners clubなどのギフト券を利用すれば取引する事を認めてくれるようなのです。
したがって個人はクレジットカードを使用して券を買い付けしてしまって金券を売っている店舗に出かけカードを使用してAmerican Express、Diners clubなどのギフト券を発注してみました。

 

続いて駆使したクレジットを使用して買い付けたAmerican Express、Diners clubなどの商品券をショップに所持して訪ね使いたかった価値のある財布を買ったとします。

 

「なんでギフト券で購入した人物は例のようなややこしいやり方をしなければいけないの?」と思われるのかもしれませんが実は解説した手法を運用するのであれば実際であったら手に入れられることのなかったクレジットポイントが貯まります。

 

金を払う事で素晴らしい財布を買い取りしたりした場合クレジットポイントはつきませんしVISA、American Express、NICOSなどの商品券を金で買い取りして使ってもクレジットポイントは貯まりません。
ところがこの事例ではJCB、MasterCard、Diners clubなどのギフト券をクレジットで買い取りしたという理由によりブランドカバンを買い取りした場合と同じ分のカードポイントが獲得できるようになるのです。
こういう状態が段階を踏んでクレジットを駆使した事になるため直接的でないカードと言われる仕方です。

お金を借りる事は返済も考慮すべき

私は今までの人生で何度もお金に困ったことがあるのですが、そんな時には必死になって節約をしたり自分の物をオークションに出したり、キャッシングを活用したり家族からお金を借りたことによって乗り切ってきました。
お金に困ったらお金を借りることは定番の手段ですが、お金を借りる時に気を付けておきたい事と言えば返済の必要性について意識することです。
最近はATMなど機械を操作するだけで、カードがあればすぐにキャッシングを行なえたりしますが、借りるのはあっという間でも返すのは意外と大変です。
毎月のお給料から数万円ずつ出費していって返済を重ねても、高額なお金を借りた場合だと一年以上返済にかかることも珍しくないので、お金は必要な分だけ借りて借り過ぎないことが大切です。