クレカを活用しよう

キャッシングのデメリット

 気軽にキャッシュを得られるキャッシングであるが、その実質は借金である。そうすると、借金であるが故に注意せねばならないことがある。
 借金であるということは、キャッシングを受けた者は得られたキャッシュと同額の金銭を金融業者に支払えばよいというものではない。そこには当然、利息債務がついてくることになる。
 ここにいう利息と言うのは、キャッシングの対価として金融機関が得る金銭であり、いわば金融機関は利息によって飯を食っているといっても過言ではない。利息の額は、キャッシングの額の大きさや、貸付期間の長さによって変わってくるものである。この利息の額は、利息制限法1条によって法律上制限されており、無制限に莫大な額となることは通常考えられないが、それでも積み重なった利息の負担は、借主に重くのしかかるものである。
 自らの収入力と、利息の負担の計算を比較し損なえば、あっという間に利息分を支払えなくなり、金融機関からの取り立てに苦しむことになろう。

お金を借りる事は返済も考慮すべき

私は今までの人生で何度もお金に困ったことがあるのですが、そんな時には必死になって節約をしたり自分の物をオークションに出したり、キャッシングを活用したり家族からお金を借りたことによって乗り切ってきました。
お金に困ったらお金を借りることは定番の手段ですが、お金を借りる時に気を付けておきたい事と言えば返済の必要性について意識することです。
最近はATMなど機械を操作するだけで、カードがあればすぐにキャッシングを行なえたりしますが、借りるのはあっという間でも返すのは意外と大変です。
毎月のお給料から数万円ずつ出費していって返済を重ねても、高額なお金を借りた場合だと一年以上返済にかかることも珍しくないので、お金は必要な分だけ借りて借り過ぎないことが大切です。