クレカを活用しよう

キャッシングの繰り返しによる利息地獄

 貴方はお金に困り、金融業者からキャッシングを受けたとする。業者から受け取った多額の金銭を手に、ホクホクしながら歩く帰り道、こんなことを考えるかもしれない。「返せなくなったら、他の金融業者から借りて返せばいいじゃない」
 シミュレーションしてみよう。貴方はA金融業者から100万円を借り、利息として10万円を負担したとする。Aにお金を返せなくなった貴方は、B金融業者から110万円を借り、利息として15万円を負担して、110万円をA金融業者に弁済する。Bにお金を返せなくなった貴方は、C金融業者から125万円を借り、20万円の利息を負担して、125万円をB金融業者に弁済する。
 このようにみてみると、貴方が負担する利息の額は10万円から25万円に膨れ上がっていることが分かる。また、貴方が実際にまとまったお金を手にしているのは、A金融業者からお金を借りてこれを消費してしまった時点までであり、その後はただ借金を抱えているのみであることが分かる。さらに、他の金融業者から借りなくてはいけないお金はますます増大していくため、いずれ貸してくれる金融業者はなくなってしまう。
 その後は、厳しい取り立て、裁判所による強制執行、果てはホームレス生活が貴方を待っている。

お金を借りる事は返済も考慮すべき

私は今までの人生で何度もお金に困ったことがあるのですが、そんな時には必死になって節約をしたり自分の物をオークションに出したり、キャッシングを活用したり家族からお金を借りたことによって乗り切ってきました。
お金に困ったらお金を借りることは定番の手段ですが、お金を借りる時に気を付けておきたい事と言えば返済の必要性について意識することです。
最近はATMなど機械を操作するだけで、カードがあればすぐにキャッシングを行なえたりしますが、借りるのはあっという間でも返すのは意外と大変です。
毎月のお給料から数万円ずつ出費していって返済を重ねても、高額なお金を借りた場合だと一年以上返済にかかることも珍しくないので、お金は必要な分だけ借りて借り過ぎないことが大切です。