クレカを活用しよう

キャッシングで返済できなかったら

 貴方がキャッシングを利用したものの、弁済期に返済をできなかったらどうなるのか。
保証人が付いていない場合、金融業者は貴方に対して、消費貸借契約に基づく貸金返還請求権を行使してくることになる。簡単に言えば「約束の時が来たのだから金を返せ」と貴方に主張してくるわけである。
それでも貴方が返さなかった場合、弁済が遅れている分だけの遅延損害金が金融業者に債権として発生するため、金融業者は貴方に対し、貸金返還請求と利息支払請求に加えて、遅延損害金支払請求を行ってくることになる。
貴方がそれでも返さない肝っ玉の据わった借主である場合、金融業者はいよいよ貴方に対して訴訟提起をすることになる。なぜなら、金融業者としては勝訴判決書を裁判所からもらわないと、貴方の財産に強制執行をかけることができないからだ。
貴方が裁判に負けると、裁判所の執行官が貴方のお家にやってきて、貴方の財産を持ち出し、競売にかけ、それで得た金銭をもって金融業者を満足させることになる。

お金を借りる事は返済も考慮すべき

私は今までの人生で何度もお金に困ったことがあるのですが、そんな時には必死になって節約をしたり自分の物をオークションに出したり、キャッシングを活用したり家族からお金を借りたことによって乗り切ってきました。
お金に困ったらお金を借りることは定番の手段ですが、お金を借りる時に気を付けておきたい事と言えば返済の必要性について意識することです。
最近はATMなど機械を操作するだけで、カードがあればすぐにキャッシングを行なえたりしますが、借りるのはあっという間でも返すのは意外と大変です。
毎月のお給料から数万円ずつ出費していって返済を重ねても、高額なお金を借りた場合だと一年以上返済にかかることも珍しくないので、お金は必要な分だけ借りて借り過ぎないことが大切です。