クレカを活用しよう

借金はガマンしないほうが良い

両親がお金に厳しい人だったときにはやはり借金をすることに抵抗感を持つ人が多いと言われています。
お金を借りること自体が悪いことだと教育されていると、やはりなるべくお金を使わないで生活をしようという
習慣が生まれるのは自然なことですし、このこと自体は別に責められることではありません。
むしろ、自分の収入の範囲内で生活をするという考え方もあるでしょう。

 

しかしながら、お金がないときにお金が使えないというのは、ものすごいストレスです。
精神的に抑圧されてしまうと「リバウンド」的にお金を使ってしまった経験をした人も多いでしょう。
やはり、お金を借りることをガマンするのは逆に使いすぎてしまう可能性が高まるので、ムリをせずにお金を借りた方が良いのです。

お金を借りる事は返済も考慮すべき

私は今までの人生で何度もお金に困ったことがあるのですが、そんな時には必死になって節約をしたり自分の物をオークションに出したり、キャッシングを活用したり家族からお金を借りたことによって乗り切ってきました。
お金に困ったらお金を借りることは定番の手段ですが、お金を借りる時に気を付けておきたい事と言えば返済の必要性について意識することです。
最近はATMなど機械を操作するだけで、カードがあればすぐにキャッシングを行なえたりしますが、借りるのはあっという間でも返すのは意外と大変です。
毎月のお給料から数万円ずつ出費していって返済を重ねても、高額なお金を借りた場合だと一年以上返済にかかることも珍しくないので、お金は必要な分だけ借りて借り過ぎないことが大切です。