クレカを活用しよう

キャッシングの際の期限の利益喪失約款に注意

 キャッシングを行った際、その返済方法には様々な方法がある。キャッシングした額が、借主の収入を大きく上回る場合、余裕をもって返済できる分割払いやリボ払いが選択されるだろう。分割払いとされれば、借主は一度に全額の弁済を行う必要はなく、毎月に決められた一部の弁済を行い続ければいいわけである。このような一度に全額の支払いを行わなくてもよいという借主の利益は、期限の利益とよばれる(民法136条1項)。
 ところが、分割払いでの返済計画を立てている借主に注意してもらいたいのが、キャッシングの契約時に契約書に記載されているであろう、期限の利益喪失約款である。
 この期限の利益喪失約款というのは、「毎月の分割払いのうち、ひと月でも返済が遅れたら、未払い残額を全て一度に支払うものとする」というような内容のもので、当初の分割払いの計画を無に帰してしまう約束のことである。こうなれば、借主の家計が火の車になるのは避けられず、余裕のある分割払い生活から、借金に追われる毎日に一転することになる。
 毎月の分割払いは、期限を守って行いたいものである。

お金を借りる事は返済も考慮すべき

私は今までの人生で何度もお金に困ったことがあるのですが、そんな時には必死になって節約をしたり自分の物をオークションに出したり、キャッシングを活用したり家族からお金を借りたことによって乗り切ってきました。
お金に困ったらお金を借りることは定番の手段ですが、お金を借りる時に気を付けておきたい事と言えば返済の必要性について意識することです。
最近はATMなど機械を操作するだけで、カードがあればすぐにキャッシングを行なえたりしますが、借りるのはあっという間でも返すのは意外と大変です。
毎月のお給料から数万円ずつ出費していって返済を重ねても、高額なお金を借りた場合だと一年以上返済にかかることも珍しくないので、お金は必要な分だけ借りて借り過ぎないことが大切です。